Series同士の連結 append編

複数のシリーズ同士を連結する際は、appendもしくはconcatを使う。

連結には2種類あって、行を連結するパターンと列を連結するパターンがある。ただ複数に別れたユーザIDの連結など、下に下につないでいくパターンが私の仕事では多め。

append

まずは2つのシリーズを定義する。appendはname属性がないとエラーになるので、シリーズを定義する際はname属性を指定する。

import pandas as pd

series1 = pd.Series(['Noto', 'Hisakawa', 'Kouda'], name='VA')
series1

0        Noto
1    Hisakawa
2       Kouda
Name: VA, dtype: object
series2 = pd.Series(['Hayashibara', 'Maaya', 'Yukarin'], name='VA')
series2

0    Hayashibara
1          Maaya
2        Yukarin
Name: VA, dtype: object

行方向への連結(append)

まずはappendを使用する場合

series1.append(series2)

0           Noto
1       Hisakawa
2          Kouda
0    Hayashibara
1          Maaya
2        Yukarin
Name: VA, dtype: object

そのまま結合すると、インデックスを維持したままなのでデータを把握しにくい。引数にignore_index=Falseをつけると、連結と同時にインデックスを振りなおすことができる。なお、この引数を指定するとname属性がない場合でも連結可能になる。

series1.append(series2, ignore_index=True) # ignore_index=Falseはインデックスをクリアする

0           Noto
1       Hisakawa
2          Kouda
3    Hayashibara
4          Maaya
5        Yukarin
Name: VA, dtype: object

appendはシリーズとデータフレームの結合も可能。シリーズに1行のデータを格納して、1行連結させるイメージになる。

参考文献

このサイトの主
投稿を作成しました 98

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る