大学生のためのデータサイエンス(Ⅰ)1週目 ガイダンス

新しく滋賀大学の講座を受けてみることにする。1週目は概要だったので、気になった部分だけピックアップ。

データサイエンティストの役割

データサイエンティストはビッグデータなどのデータを取り扱い、分析し、そこから価値を引き出す人材のこと。情報学・統計学・人文知の組み合わせ。

要は理系的なデータ加工・処理能力(プログラミング)、統計学的な分析能力、そして文系的な価値発見・創造の3つが備わっている必要がある。

21世紀の石油

ビッグデータは石油のような新たな資源と定義。データを大量に利用できる環境が整いつつあるが、実際にそれを利活用する人間がいなければ意味がない。

案外短かった。次回はデータ分析の流れ。

ビッグデータの取り扱い

ビッグデータは1P(ペタ)=1000T以上が該当する。サーバで買うと1000万円くらい。グーグルは4E(エクサ)=4000Pのデータを所有しているとされる。

NoSQL

このサイトの主
投稿を作成しました 98

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る