社会人のためのデータサイエンス入門 第3週 前半

今週はより実践的な内容にシフト。前半は比率データの便利さと注意点について。

クロスセクションデータ

よくあるテーブルになっているデータ。縦軸にエリア名、横軸に人口、面積などが記入されているタイプ。

構成比と相対比の違い

構成比は総数を使ってその内訳の比率を表す比率。相対比は共通の分母を使って比較できるようにした比率。

時系列データ

アクセス解析では扱うこと大。トレンド分析など。

パネルデータ

これはよく知らなかったが、よく接するデータ形式だった。ただ、形式の特徴が分かると見え方も変わる。

パネル・データ: panel data)とは、統計学計量経済学等において使用される用語である。時系列データとクロスセクションデータを合わせたデータであり、観察単位を同一の個人、地域、事業所など、複数期間において観察したものである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%86%E6%9E%90#

月別のデータを複数の対象で継続的に観察した場合の一覧表、というようなイメージ。
データの規模がクロスセクションデータや時系列データより大きくなる。

このサイトの主
投稿を作成しました 98

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る