MovableType8 初見まとめ

MovableType8(MT8)が公式から告知出ていたので確認。

2023年秋にリリース予定の Movable Type 8 の概要
https://www.movabletype.jp/blog/mt8-overview.html

不要なプラグインやcgi削除

  • XMLRPC API, Atom Publishing API
  • ログフィード (Activity Feeds)
  • クイック投稿 (Quick Post, 旧ブックマークレット)
  • トラックバックの送受信
  • 更新Pingの送信
  • コメント機能の一部 (Facebook Commenter, Spam Lookup)
  • mt-testbg.cgi や mt-ftsearch.cgi など CGI の一部
  • OpenID プラグイン
  • ヨーロッパ言語サポート (de, fr, es, nl)
    英語と日本語のみを継続します
  • 古い JavaScript ライブラリ群

しょっちゅうセキュリティホールになっていたXMLRPCが削除。

その他アップデート後に手動で除去していたプラグインやcgiがデフォルトで除去されることになった。かなり面倒だったので助かる。

mt-staticの区分け

安定運用やセキュリティの向上のため、旧来のバージョンとの互換性に影響がある変更を予定しています。

  • パッケージ構成の見直し
    システム領域とユーザ領域の明確な分離、mt-static 内のユーザ領域を外部にします
  • プラグイン機構の見直し
    設定ファイルのないプラグインの無効化をデフォルトにし、対象バージョンの指定を必須とする予定です

mtディレクトリ内にあったmt-staticが外に出る?

気になる新機能

  • Data API v5 (r.5401)
    XMLRPC/AtomPP にしかない機能を追加

再構築まわりのAPIを使っているので、このあたりがどう変わるのか気になる。

と思ったが、もうリファレンスが公開されていた。テンプレートまわりを確認しておく。

https://movabletype.github.io/mt-docs-data-api-reference/v5.html

ライフサイクルポリシー

現在のMT7はMT8がリリースされる来年秋から1年でサポート修了。さらにそこからセキュリティアップデートのみ1年間継続。

実質MT7の寿命があと2年ということになったので、入れ替えに関する業務を予定しておく。

ただ昨年〜今年のセキュリティに関するトラブルが継続していることから、運用体制に関して大掛かりな検討が必要。

このサイトの主
投稿を作成しました 103

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る