社内商品DBを導入するにあたっての比較

社内に商品DBを導入したいという依頼があり、導入するにあたってざっくり調べてみる。

ちなみにかつて(10年くらい前)Filemakerで受発注の管理を目的とした商品DBは作成したことがあるが、それ以来本格的に関わったことはない。

と思ったが、ちょっと大きめの商品データベースのテーブル設計は担当した経験あり。仕様策定の重要性を説いたが、固まらないまま進行してデスマーチだった辛い思い出。

Filemaker

さておき、Filemakerから調べてみる。

見ないうちに、「クラリス・ファイルメーカー」という名前になっていた。データベースとオートメーションが合体して、ローコードで色々できるのが売りの模様。

価格はサブスクで月2000円/1ユーザ。そんな予算は出ないので却下。

Plusdb

検索で上位だったが、低価格とありつつも初期費用10万円でがっかり。こちらも断念。

Access

よく考えたらOffice365が入ってるから、無料で使えるじゃないか。

足りないのは私のAccessの知見だけど、有名どころなので教本やサイトも他より多そう。ざっと眺めた感じ、Filemakerでリレーショナルデータベースを作った時と同じような流れでいけそう。

というわけでひとまずAccessで検討してみることにする。

調べておくこと

  • ユーザごとのアクセス制御は可能か → ファイル自体にパスワードをかけられる。シェアポイントの共有機能でも細かくいけそう。
  • UIはどこまでいじれるか
  • 入力のバリデーションは簡単に設定できるか
このサイトの主
投稿を作成しました 98

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る